home  novel index  next


やっぱり俺は馬鹿なんだと思う。

1 告白

 落ち着かないのは、 この店が初めてだからじゃない。向かいに座る篠田さんがコーヒーに口をつけた。考えてみたら、正面からまともに篠田さんを見たのも初めてかもしれない。
「篠田さん、つきあってる人、いますか」
 単刀直入に言った。こういうことはさっさと済ませるしかない。ここにいないのに、橋川さんと鳥羽のプレッシャーを感じる。篠田さんが怪訝な顔をした。
「いませんけど」
「それじゃ、つきあってもらえませんかっ」
「何を、でしょうか……」
 そういう答えって あるのか。焦って、言い直した。
「用事ってことじゃ なくて、彼氏がいないなら、俺とつきあって下さいっ」
 言ってしまった。篠田さんが俺を見つめた。驚きすぎたのか、呆れたのか、一体どっちだったんだろう。見つめ合っているうちに、握った拳の内側が湿ってきた。ふっと篠田さんの表情が緩んで、微笑みが浮かんだ。
「私でよければ」
 俺の嘘が通った。


home  novel index  next

Copyright(c) 2008-2018 SUZUYA all rights reserved.